スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんの 手術 その①

2015.07.02 10:00|ワンコの 心臓病

らんの手術は 洞不全症候群の治療として

ペースメーカーの設置術となり、

通常 胸の真ん中から縦に開胸手術を行う。

当初、らんも胸を開胸し、時間的・状態的に可能なら

心膜横隔膜ヘルニアの手術も
(空いてる穴を閉じる・本来あるべき位置へと臓器移動)

合わせて行う手術プランだった。


しかし、

ホルター検査で判明した らんの心拍数の少なさと、

手術中に使用する重要な薬剤 アトロピンが効かない事で、

手術はペースメーカー設置のみ、出来る限りの時短を考え

側方開胸(人で表わすなら脇の下あたり)でと

院長先生がプランを練り直してくれた。


~~~*~~~ アトロピン ~~~*~~~
心拍数の低下を防ぐために麻酔の前投与薬としてよく用いられる。
また、麻酔中に心拍数が低下してきたりすると、
アトロピンを注射し対処する。
アトロピンを注射することにより心拍数は上昇し、
徐脈を防ぐことが出来る。
~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~


らんの場合では、

通常でも心拍数が少ないトコロに麻酔をかけると

更に心拍数が下がる。

下がり過ぎた心拍数を上げる薬のアトロピンに

らんの身体が反応しないので、、、困った。。。

・・・という事態。


他にも同じような効果がある薬剤でテストした結果、

イソプロテレノールという薬剤に少し反応するとの事で

手術決行となった。。





2013/03/24(日)

手術は診察時間後のPM2:00~予定

「午前中の診察終了時間頃に来れば、

手術前の らんちゃんと会えますし、お散歩もできますよ」

なんて、気さくなコトを仰っていた院長先生。

前日から入院させてたから

手術前には絶対らんに会っておきたくて

11:30過ぎに病院着。


間もなく先生に連れて来られた らんは、、

もう手術前の準備万端な状態。。

点滴やらオシッコの管やらエリザベスカラーやら

色んな装備が付けられた物々しい状態でやって来た。

その姿に思わず涙してしまった ま~ちゃん。

アタシは、、経験者で免疫アリのアホなんで

その状態は想像出来た。やっぱり散歩は絶対ムリっしょ!


らんに、「絶対、戻って来るんだよっ!!」と何度も言い聞かせ

心配や不安が伝わらない様に励ましてた。


対して らんは、、

kako-fOuwSSVlgWZfHDNF.jpg
アタチ全然へっちゃらでしゅ♪心配しないで♡


もうね、反則だよ・・・ココでこの笑顔!

私達を安心させようとしてるのか、テンションアゲアゲ☆の

ご機嫌で私達に愛嬌を振りまいてる。

らんの方がよっぽど強いね。

諦めないよ。絶対、これからも一緒に生きよう!

PM1:00前に らんを先生達に託し、私達は一旦 帰宅。



手術時間は2~3時間の予定。

終了次第、連絡(電話)→来院、、の段取り。

手術中、緊急事態が起こったら即、電話→来院

という説明も受ける。









09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Jun

Author:Jun
M.シュナウザーと暮らす
       我が家のドタバタ日記☆

らん ♀、ひまわり ♀、Zeus ♂
ま~ちゃん (ダンナ)
銀ちゃん  (初代キャンピングカー)
デカボちゃん(二代目キャンピングカー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク集

カテゴリ

★Thanks★ (2015.07~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。