スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり 手術当日

2015.12.13 17:10|ワンコの 心臓病

2014年4月20日

AM10:40頃 手術前の面会に向かう車内。

病院より携帯に着信、、

左心房より出血。破裂の恐れ。急変。
面会せずに緊急手術する事になる。
今なら間に合う可能性アリ。
手術をすることを強く薦める。

電話越しにM先生が落ち着いた声で説明してくれるが

アタシには ひまの状況が単語でしか入ってこなくて

震えた


先生は飼い主の私達に手術許可を貰わないと

手術が出来ない。その電話だ。

単語をそのまま言って、運転中の ま~ちゃんに伝える。

ま~ちゃんは

とにかく助けてください!!

と言った。

アタシはその言葉を何度も繰り返し言った。




AM11:00頃 病院着

直ぐに診察室に通され、M先生より説明を受ける。

破裂ではなく亀裂。薄くなった箇所より裂け出血。
血液は心膜内に溜まっていて内外の圧力が今は保たれている状態。
ひまの意識は現状、辛うじて有る。


ひまは手術台の上。

3名程の先生達に囲まれ緊急処置を受けていた。

機械や管や先生達の腕・・・で ひまの姿が確認できないほど。。

M先生はもちろん、院長先生も担当のA先生も皆

既に手術着で緊迫感の中、慌ただしく動いている。

M先生は私達への説明を終え、手術室に入る前

大きく息を吐いた。

その先生の顔が真剣で予断は一切無く切迫していて

どれだけ大変な事態が起こってるのか思い知らされた。


病院はまだ診察時間内だったが、ほとんどの先生が

ひまの緊急手術に入ってしまった為に、

2名の先生で他の患者さんを診察。

患者さんの中には担当の先生の診察が受けれないと

帰ってしまう方もいた。

沢山の方々にご迷惑をかけてしまったが、、、

その時はとにかく ひまを助けて欲しくて

祈るばかりだった。



↓↓まだまだ緊迫した内容になってます。
宜しければ続きも読んでください。。↓↓

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ミニチュア・シュナウザーとの生活日記
ジャンル:ペット

ひまわり 入院&手術の最終説明

2015.12.13 17:00|ワンコの 心臓病

2014/04/18

ひまわり、手術の為の入院日。

手術までの2日間、最終検査や体調管理をしてもらう。

そして、

M先生より手術の詳しい最終説明を受けた。


<< 当日の概要 >>
ひま手術事前説明


らんの手術とは違い ひまは心臓に直接メスを入れる開心術の為

心臓を止め、その間は人工心肺装置で血液を循環させる。

人工心肺装置を動かす時間は 70分間を目標。

最大でも110分間。それ以上は再拍動の見込みが薄くなる。。


ひまの心臓手術内容として主だった事柄は

僧帽弁の弁を支えている腱索(けんさく)が切れているので 腱索再建
弁の閉じ具合をピタリと合わせる 弁輪縫縮
破損した弁の形を新たに作る 弁尖形成


閉胸してからもウィーニングという一つ一つのチェックを

全てクリアしてから最後に気道チューブを抜いて

自呼吸になるとの事。

そしてICUに入り、翌朝まで変化なく順調ならば

水を飲んだりゴハンを食べちゃうまで回復するコもいるそうだ。


大仕事というには壮大過ぎる事をやらなければならない ひまわり。

手術前に面会出来ると言われ、ちょっとホッとする。

ま~ちゃんと一緒に ひまにしっかり気合いを入れなきゃね!





ひまをワリと良い状態で入院させられてホッとした。。

・・・のもつかの間、

不安じゃないか、寂しくないか、興奮して肺水腫にならないか、、

ゴハンは食べた?ケージの硬い床で困ってないか?

オシッコ我慢してないか・・・

も~! 不安で堪らない。。

本当にハラハラ感が何やってても拭えない。


全ては明日の手術で決まる。

どうか、ま~ちゃんと二人で安堵の表情で夜を迎えてますように。。

どうか、ひまをお見守りください・・・







テーマ:ミニチュア・シュナウザーとの生活日記
ジャンル:ペット

ひまわりの手術を決めてカラ…

2015.08.07 15:00|ワンコの 心臓病

ひまわりの手術までの約一週間、

病状が進行(悪化)してないか…?

気になっちゃって、寝不足。。


何とか最良の状態で入院・手術を迎えたいけど

些細なコトですぐに興奮してピーピー鳴く ぴまこサン…

心配する事ばかり。


肺水腫後、短距離に縮小してた散歩も

ま~ちゃん判断で完全中止に。。


なるべく平穏に…と、色々と制限して自由が好きな

ひまはストレスを感じてかも知れない。

でも、この時は ひまの命に関わる事だから

私達も妥協しない様に気を引き締めた。


続きを読む >>

テーマ:ミニチュア・シュナウザーとの生活日記
ジャンル:ペット

ひまわり 肺水腫後の心臓検査

2015.07.22 14:00|ワンコの 心臓病


肺水腫での検査時に

僧帽弁閉鎖不全の病状の進行が発覚した ひまわり。


詳しい現状確認をする為に

退院後の翌週、心臓検査をする事になった。



2014/04/05

その日、親戚の結婚式で3ワンコは

茶屋ヶ坂動物病院にお泊まりする事になっていた。

病気持ちの らんひまは

普通のペットホテルには預けられないから

病院が預ってくれて本当に助かるし 何より安心♪


翌日のお迎えまでの お泊まり中に

ひまわりの心臓検査をして戴くコトにした。

ひまは退院後で体調が心配だったが

病院だし、らんゼウも一緒だから

独りより少しは心強い・・・ハズ??



先生方やスタッフの皆様のお陰で

初のお泊まり&ひまの心臓検査は順調に終了した。




続きを読む >>

テーマ:ミニチュア・シュナウザーとの生活日記
ジャンル:ペット

ひまわり 肺水腫で緊急入院

2015.07.20 18:00|ワンコの 心臓病

年が変わって2014年。

ひまわりに心臓病が見つかって以来、

薬の服用は続いていたが、増量も無く

薬でのコントロールは上手くいっていた。


そんな頃の我が家は、、

らんの術後 一年も経たない事と肺水腫の再発防止の為

あと、ま~ちゃんも病み上がり・・・で

全く、遊びに行かない、お出かけしない!という

我が家にとっては異常事態の暗黒期。。

車で出かけるのは、動物病院とスーパーのみ

私達もだけど、さすがに らんひまZも

うっ憤が溜まってリフレッシュしなきゃ~



2014/03/29

ホントに近場だけど、らん達も慣れてる ま~ちゃん実家に

行って、お散歩しよう♪ってコトに。



続きを読む >>

テーマ:ミニチュア・シュナウザーとの生活日記
ジャンル:ペット

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Jun

Author:Jun
M.シュナウザーと暮らす
       我が家のドタバタ日記☆

らん ♀、ひまわり ♀、Zeus ♂
ま~ちゃん (ダンナ)
銀ちゃん  (初代キャンピングカー)
デカボちゃん(二代目キャンピングカー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク集

カテゴリ

★Thanks★ (2015.07~)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。